Hormone Sekine Official Site
 
Japanese  
Japanese Site
spacer
English Site

TOP

SUMMARY

EXHIBITIONS

PRODUCT

PROFILE

LINK

What's new

CONTACT


月刊誌ナイルス・ナイル
掲載コラム


cover
page
ナイスルナイルはよりよいライフスタイルを提案するカルチャーファッション誌です。
世界的に活躍する日本人画家、彫刻家などのアーティストをピックアップ。
このコラムは2005年12月号より2007年9月号までに連載した記事と現在執筆のもの。
2006.11月号 NO.118 カバーフォト:TONY---------発行:ナイルスコミュニケーションズ
[登場アーティスト]
杉本博司(No.107 )
篠原有史男(No.108 )
黒田アキ(No.109)
荒川修作(No.110)
中島由夫(No.111)
安田侃(No.112)
小林孝宣(No.113)
外尾悦郎(No.114)
ジミー大西(No.115)
松山修平(No.116)
草間彌生(No.117)
村上隆(No.118)
森万里子(No.119)
奈良美智(No.120)
川俣正(No.121)
千住博(No.122)
新宮晋(No.123)
リー・ウー・ハン(No.124)
絹谷幸二(No.125)
横尾忠則(No.126)
大竹伸朗(No.128)
ヘルマン・ニッチェ(No.176)

アメリカに渡ったオタク文化 ー 村上隆(ムラカミタカシ)


 日本には昔から借景や本歌取りという技がある。
 古典に造詣があまりないので偉そうなことは言えないのだが、借景とは自然の景色を背景に加え庭を自然に溶け込ませることでよりダイナミックに見せる造園技法。本歌取りは短歌・俳句などで漢詩や先人の作品をオリジナルがわかるように取りいれ、歌にふくらみを持たせる修辞法だ。
 茶室などにある月見窓は借景という考えがあってこそできたのだろうし、芭蕉の「月日は百代の過客にして行きかふ年も又旅人なり」という有名な奥の細道の書き出しも李白の「天地万物逆旅 光陰百代過客」を本歌取りしたと言われている。
 村上隆。現代美術家。テレビ出演、六本木ヒルズのCMやルイ・ヴィトン ミーツ ネオ・ジャポニズムのコラボーレーションで知っている人は多いと思う。
 1962年生まれ。93年、東京芸術大学日本画大学院博士課程修了。「意味の無意味の意味」と題した博士論文で日本画科初の博士号取得となる。94年、ロックフェラー財団奨学金で留学。98年、UCLA客員教授。2001年、ロスアンゼルスで「SUPER FLAT」展を開催。これが話題となりアメリカで名声を得る。現在、アメリカ・日本双方に拠点を設け活動する。
 04年コンパニヨン・デュ・ボージョレー騎士号授与。04年ニューヨーク/ジャパン・ソサエティーから文化芸術賞授与。06年第11回AMDアワード功労賞、第56回芸術選奨文部科学大臣新人賞、ベスト展覧会賞受賞(ニューヨーク/AICA)など賞歴も華やかだ。07年には早くも大規模な回顧展がロスアンジェルス現代美術館で予定されているからその活躍ぶりには目を見張るものがある。
 また美術家にとどまらず自らプロデューサーとしても活動の場をひろげアーティスト集団KAIKAI KIKIを主宰。アートフェアGEISAIの企画・開催など若手アーティストの発掘・プロモーションにも力を入れている。
 03年、ニューヨーク・サザビーズで等身大フィギュア『Miss Ko2』が日本の現代美術作品では最も高値の50万ドル(約5,800万円)で落札された。日本画や洋画などと十把一絡げにされ一般社会から隔絶された日本の現代美術。お金に縁遠く死んだら価値がでる、芸術と経済活動は別ものでむしろ絵で稼ぐ作家たちを売り絵画家とか所詮イラストレーターと揶揄することもある美術界。そういった側面からも村上氏は自分の作品を世界に通用させ商業的にも成功させた手腕は注目に値する。
 ではなぜ村上氏は現代美術という特殊な世界でここまで成功できたのであろうか? それはオタクという日本独特のサブカルチャー文化を題材に用いたところにヒントがある。それまで日本ではオタクたちが愛する美少女フィギュアやアニメを一部の変った人々の享楽や子供の娯楽に過ぎないと考え、アート的な価値を見いだすことはなかった。しかし、村上氏はむしろそれらこそが今の日本をリアルにあぶり出した世界に類を見ない表現だと感じ取ったのだ。そしてスーパー・フラットと呼ばれる平面化しシンプル&シンボライズする日本画的技法で換骨奪胎、自分の作品に仕立てあげた。かつて日本では風俗画にすぎなかった浮世絵をゴッホやマネ、ルノアールなど印象派の画家たちがこぞって吸収したように欧米人にとってそれらは創造力の所産、つまりアートとして受け入れられ、村上氏の目論見どおりスーパー・フラットな絵画や美少女フィギュアたちが世界の現代美術愛好家たちに絶賛をもって迎えられたのだった。
 しかし反面、そういったポップ+オタクでポック・アートとも呼ばれている一連の作品群は賛否両論、いろいろ物議をまき起こした。彼自身、日本のアニメーターに影響されていると語り、「DOB君」やルイ・ヴィトンのコラボレーションでも使われた「お花」、クリスティーズで約5000万円で落札された「HIROPON」フィギュアなどに対し、一部の漫画家や評論家たちがモノマネの域をでていない、既成文化の盗作などと声高に反論もしている。
 しかし村上氏の言わんとするところは見た目だけの技法や題材だけではない。それは混とんとし日本人の心が空洞化しつつある現実そのものを、オタクたちが愛する美少女フィギュアやアニメが、もはや疑似恋愛や憧れを通り越し心のなかで具現化している日本人の感性を痛烈に批判し警鐘を鳴らしているのだ。
 最後に村上氏の手法はオタクやアニメという現代世相を拝借し自分の作品にしたてた本歌取りの手法であり、オタクというフィールドを背景に自分の作品を引き立たせた借景の技法に当てはまると感じたのはこじつけ過ぎだろうか。 

[掲載写真]727-727, 2006 Acrykic on canvas mounted board 300cm X 450cm X 700cm X 70cm 3panels,
©2006 Takashi Murakami / Kaikai kiki Co.,ltd. All Rights Reserved.

Page Top↑
前の号
次の号を読む
 

TOP
SUMMARY
EXHIBITIONS
PRODUCT
PROFILE
LINK
What's new
Blog
CONTACT
タグボートにて銅版画作品(キドプレス・プロデュース)絶賛、販売中!http://p.tl/Qeme
All Reserved ©Hormone Sekine,2010